コロニアの思い

ブラジルのニッケイ新聞の記事をご紹介します(一部転載します)。

 

ニッケイ新聞 2011年5月7日付け

東日本大震災=義捐金800万レ近くに=コロニアの思い、被災地へ=地方でも盛んな支援活動

 コロニアの思い、4億円近くに――。3月11日に発生した東日本大震災を受け、全ブラジル日系団体が展開している義捐金活動全体の金額が4月末で、約760万レアル(約3億8千万円)に上っていることがニッケイ新聞の調べでわかった。多くの団体が4月末を目処に送金した。今回の調査に漏れた団体を含めれば、800万レアルは超えると見られる。引き続き募金を継続、別の形で支援を行なう団体も多く、〃祖国〃を思う支援の輪は今後も広がっていきそうだ。

VILA DO SAMBA "サンバのあるところ"は、サンバのダンスレッスン、衣装販売、ブラジル物品販売、楽器販売などを運営しております。2008年に設立して以来、サンバをこよなく愛する多くの人たちのニーズに応えるべく日々活動に取り組んでいます。ご質問、ご要望等はこちらまで。

 

運営代表 三由翼

3〜10月は日本、11~2月はブラジルにて活動しています。今年でブラジル往復12年目を無事に終えました。これまでの経験を生かし、日本とブラジルの架け橋になるような活動を今後も目指してまいります。

mspb - imperio de casa verde 2013